1.3 とりあえず使ってみよう

BLOCCOとはどういうアプリなんでしょうか。BLOCCOは、「アプリとアプリを組み合わせて”ミニアプリ”を作ることができるアプリ」です。この説明だけでは、BLOCCOがなんだかとても難しく感じられるかもしれません。しかしBLOCCOは、そういう難しい話をほぼ意識することなく、便利さを感じて頂けるよう、様々な機能を用意しています。
まずはその1つである「アプリ起動ショートカット」を使って、BLOCCOを体験して下さい。
1.3.1 アプリ起動ショートカット
BLOCCOを初めて起動すると、すぐに「よく使うアプリケーションをショートカットとして配置することができるよ アプリケーションを追加しますか?」と聞かれますので早速YESを押して次に進みましょう。それまでにアプリの説明が出てきますが、面倒くさければどんどん飛ばして頂いてかまいません。(利用規約は読んで下さいね!)


次の画面へ進むと、端末にインストールされているアプリの一覧が表示されます。ショートカットを作成したいアプリにチェックを入れて「追加する」を押してみましょう。
直後チュートリアルの終了を祝してバッジが獲得できます。BLOCCOではこのように様々な条件でバッジを手に入れることができますので、是非使い込んでみて下さい。
バッジ獲得画面を閉じた後は先ほどのショートカットを作成する画面への行き方と、操作方法の説明画面への行き方が表示されますので参考にしてください。
その画面が閉じられると、"ミニアプリ"一覧という画面が見えるようになります。すると先ほどチェックを入れたアプリケーションのアイコンが表示されているのがわかります。


上の例では、「ブラウザ」と「Gmail」が表示されていますね。このアイコンをタップすると、そのアプリケーションが起動します。
アプリ起動ショートカットでは、このように自分が起動したいアプリケーションのショートカットを簡単に作成することができました。


しかしこれはBLOCCOができる最も簡単な機能のうちの一つです。他にどのようなことができるのでしょうか?
それをわかりやすく体験して頂くために、「初期セット」というものが用意されています。