Developers‎ > ‎Format‎ > ‎

GEO

GEOは位置情報の為のFormatで、緯度経度を表す情報を格納出来ます。

情報送信

情報を送信する側のサンプルを掲載します。
送信側は主にINPUTプラグイン側となります。

@Override
public void onCall(String processId, String command, String eventResult) {
    
    ArrayList<FormatData> fds = new ArrayList<FormatData>();

    GeoFD fd = new GeoFD();
    fd.setLat("35.710059");
    fd.setLon("139.810616");

    fds.add(fd);

    String xml = new BloccoFormatManager().createFormatXML(fds);

    mBloccoInputManager.result(xml);
}
情報は配列で表現されるため、複数の情報を送信することが可能です。

情報受信

情報を受信する側のサンプルを掲載します。
受信側は主にACTIONプラグイン側となります。

@Override
public void onReceive(Context context, Intent intent) {     BloccoActionManager actionManager = new BloccoActionManager(context);     actionManager.setIntent(intent);
    BloccoFormatManager manager = new BloccoFormatManager();     String xml = actionManager.getCommand("data");     int formatType = manager.parseFormatXML(xml);     switch(formatType){     case FormatType.FORMAT_TYPE_GEO:         ArrayList<GeoFD> fds = manager.getGeoData();
        StringBuilder result = new StringBuilder();         for(GeoFD fd : fds){             result.append("GEO data");             result.append(" lat : ").append(fd.getLat());             result.append(" lon : ").append(fd.getLon());             result.append("\n");         }         ...         break;     default:         ....     } }
設定画面にてsetInputCommand()によって定義したKey名を利用して情報のXMLを取得し、それをパースした後に適切なメソッドにて情報の取得を行なっています。このプラグインは、自身が受け入れる事ができるFormatの種類別に上記のような処理を記述する必要があります。