ACTION プラグイン


Actionアプリケーションのプロジェクトを作成します。



Eclipseのメニュー [File]-[New]-[Project...] を選択します。


Eclipseのメニューの"New" ダイアログボックスから[Android]-[Android Project]を選択します。


"Project name:" と "Application name:" と "Package name:"に入力してください。
次に"Build Target"を選択して下さい。
(Recommend: Android 1.6)



Bloccoのソースコードを作成します。



次に、ツールバーの    [Orange Blocco]を選択してください。



次に[Select action]ボタンを押して、プロジェクトを選択してください。



"ActionApp" を選択し[OK]ボタンを押してください。


In (From input app):inputアプリケーションから受取るフォーマットタイプを選択します。
URL:アプリケーション詳細URLを入力してください。(Android Market等)
Introduction:アプリケーションの説明を入力してください。
(Bloccoのプラグイン一覧に表示されます。)





Blocco SDKは自動的に以下のソースコードを作成します。

作成されたコード:
ActionAppActivity.java
ActionAppInstaller.java
ActionAppReceiver.java
ActionAppService.java
event_main.xml

Modify:
AndroidManifest.xml




Androidアプリケーションとしてプロジェクトをビルドします。



次に、[Run]-[Run Configurations...]を選択します。


 "Android Application"をダブルクリックし"New_configuration"を作成します。
次に、[Browser...]ボタンを押しプロジェクトを選択します。


Android MarketからBloccoをダウンロードしておきます。


Bloccoを起動します。


Android端末とPCをUSBケーブルで接続します。


eclipseに戻り、"Target"タブに移動し"Manual"にチェックを入れます。
そして"Run"ボタンを押します。


端末を選択し、[OK]ボタンを押します。


アプリケーションの転送に成功すると、Bloccoにアプリケーションがインストールされます。

 



Bloccoで作成したアクションアプリケーションを実行します。



次に、Bloccoでアプリケーションを実行する方法を紹介します。

1. Bloccoを起動しエキスパートモードに移動します。
エキスパートモードに移動したら右下の作成タブを押してください。


2. 作成タブを押すとアクション選択ダイアログが表示されます。
作成したアクションアプリケーションを選択してください。


3. 作成したアクションアプリケーションの設定項目が表示されます。
ここで、イベント実行時の設定を行います。
設定したらSAVEボタンを押してください。


4. ミニアプリの名称とアイコン等の選択をし
設定保存するとミニアプリが作成されます。


5. 作成したミニアプリは以下の一覧画面(自分が作ったミニアプリ)に表示されます。