Developers‎ > ‎BloccoSDK‎ > ‎

SDKによるプラグイン自動生成

Eclipseプラグインとして導入したBloccoSDKを用いることで、簡単にBLOCCOプラグインとして動作するAndroidアプリケーションを作成することが出来ます。
プラグイン作成までの流れは以下のようになります。

・Androidプロジェクトの作成。
・作成したいプラグインのタイプに対応するアイコンをEclipseのメニューバーから選択。
・先程作成したAndroidプロジェクトを指定して、必要な設定をした後作成ボタンを押す。

これにより、AndroidプロジェクトにBLOCCOプラグインとして動作するために必要な最低限のソースコードが自動生成されます。この状態で実行するだけで、インストールされたAndroidアプリケーションをBLOCCOはプラグインとして認識します。

なお、BLOCCOプラグインとして動作するAndroidアプリケーションの後にBLOCCO本体をインストールした場合でも、BLOCCOはそのアプリケーションをBLOCCOプラグインとして認識します。


以下でプラグインタイプ別の詳細な作成方法を紹介しています。